ヒーリングワンド抄音(小)画像
抄音〜うつしね

使用方法:もっているだけでも数分でチャクラが整います。
痛みや不快感のあるとこへポイントを当てるなど、さまざまな使い方が可能です。

オーラ写真の使用前後の写真《抄音(大)を使用》は〈WADATSUMIブログ〉に掲載しております。

大小の違いは、中に入っているオイルの量が違います。
オイルの量によって持つ方への影響力が違うことが確認されており、
小さいワンド(抄音)は、施術家の方がクライアントさんに2本お持ちいただき、
大きいもので施術するように作られておりますが、
個人的にお使いの場合は、大きいワンド(抄音)をお勧めいたします。


・波動数 雅635
・チャクラを整える
二極統合への道を歩む

ヒーリングワンド《抄音》 
素材:チタン
サイズ:H 80mm×D15mm
原料:原料:スクワランオイル(無香)・300種以上の隕石


能力の差は
ものの見方、考え方。

結果の差は
行動の差

知っていると
しているは
大違い。

たとえば
ご自分に嵐のような絶不調や苦難が訪れたとしましょう。

その時
誰もが「何故私にこんなことが起きるのだろう、何故私ばからりに………」と考えてしまうと思います。

しかし
その時、その出来事を反転させて

「自分のことを本当に大切に思ってくれている人は誰か?それがわかるのは、太陽のような絶好調ではなく、嵐のようや絶不調の時なのだ」という、ものの見方考え形に気づいた時

今こそ
この絶不調の時こそ
真の仲間を知るチャンスに反転します。

宇宙の摂理の中に
「真実は反転の中にあり」という言葉があります。

起きる物事を
反転させることから
、ものの見方考え方の角度を変えてみることから

観えてくる
真実があります。

そして
この、ものの見方、考え方は

統合への道のりのひとつになります。(石原已久子)

ヒーリングワンド抄音(小)

商品説明
ヒーリングワンド《抄音》


ヒーリングワンド《抄音(うつしね)》は、持つものを二極統合へと導いてくれます。


ヒーリングとは、そもそも何でしょうか?

突然の病や怪我をしたとき、その状況や体に対し否定的な気持ちになり、
病気や治療の苦しさから抜け出せないこともあります。

それとは反対に、病気によって気づきが促され行動や考え方、生き方(在り方)を根底から覆すような体験をし、病気を受け入れる人もいます。

この相反する思いを、どのように統合していくか、《見極める力》こそが、癒しの始まりとなります。

<ヒーリングワンド《抄音》は、この境地へと導き、外していくものは外し、体に残すものは残していくという役割をもつゆえに、体や心の疲れなどを吸い取るように浄化していきます>

ご自身に使うときも、周りの方に使うときも、抄音のもつ《見極める力》により、統合を促すことで、大切な気づきを遮ることなく、癒しの道を歩むことができます。

チャクラを整えたり、心が穏やかになったりなど、
ヒーリングワンドをもつ人が本来、体験するべきミラクルといわれるようなことが起こります。

ヒーリングワンド《抄音》の中には、二極統合(見極める力)を促すために研究された波動数(雅635)のオイルと神代文字が入っております。
波動数(雅635)は、一般には出されていない波動を合わせていくときの循環を意味する単位です。


Copyright ©公式サイトWADATSUMI All Rights Reserved.