風音(護りのペンダント)ゴールド画像
風の時代、軽やかに風にのるために、カルマを外すお役目をもつ護りのペンダント「風音」

桜の花びらが自然と散るように、カルマがハラハラと外れてゆきます。
そのことから、「揺るがない軸(光の基軸)」が浮上します。
風音を身につけることで、ペンダントヘッドの中に入っている696那由多のオイルの波動と共鳴することができます。

カルマには2種類のものがあります。
ひとつはご先祖さまから受け継いだカルマ。
肉体を形成していくときに、肉体の中にカルマも形成されていきます。

もうひとつが、魂の背負っているカルマ。

この2つのカルマが複雑に絡み合い、今まではそれを解くだけでも痛みを伴うものでした。
ペンダントは、このカルマを優しく解き安心して自分と向き合う助けとなってくれることでしょう。

カルマは、私たちが成長する鍵となり、その後ろには必ず宝があります。カルマを解消することができれば、魂が導く道に風が吹き、ご褒美が用意されています。

ペンダントの波動数となっている「696(那由多)」という数字の意味は、『錬金術にて次元上昇』です。
日本の隠者たちが、長い年月をかけ古文書と最先端量子力学の研究をした結晶です。
「賢者の石」と「隠者たちの錬金術」
これらを合わせ奇跡的に完成した「天(結音)と地(和音)のオイル」と「護りのペンダント風音」がみなさまのお役に立てるよう願っております。


風音(護りのペンダント)ゴールド

商品説明
風音ーかざねゴールド 300本限定
護りのペンダント)


ペンダントヘッド:K18GP(実寸約3.8㎝、重さ約12g)
チェーン:K18GP 50cm(ペンダントヘッドの中にオイルが入っているのでチェーンはお好みで変えていただいて大丈夫です)

【お手入れ方法】
K18GP(金メッキ仕上げ)のため、お使いになった後は研磨剤の含まれていない乾いた柔らかい布(眼鏡用クロス等)で、その日のうちに優しく拭いてください。

ペンダントは純金加工をしておりますので、硬いものと一緒にバッグの中などに入れてしまうと剥がれの原因となりますのでご注意ください。

変色した場合は、中性洗剤を入れた80度ほどのお湯に30分ほど浸けてからすすぎ水分が残らないように拭いてください。

※ ご入浴や、汗をかく運動などはゴールドのお色が薄くなるのを早めてしまう原因となりますので、お控えください。

K18やプラチナのペンダント《五魂音》もございますので、ご覧ください。


・波動数696那由多(なゆた)


ペンダントやオイルのことをWADATSUMIブログに掲載しております。
【WADATSUMI ブログ】https://note.com/wadatsumi193

Copyright ©公式サイトWADATSUMI All Rights Reserved.