波動水ーおちみず画像
【波動水の作り方】

原液をキャップの20ccを2リットルの水に入れて飲みます。

水500mlなら原液5ccです

薄める水は薬局で売っている赤ちゃん用の純水-蒸留水が最適(2Lで200円程度)

あるいは軟水(おいしいく感じる水)でOKです。


水を活性化させるために希釈した水のボトルをよく振ってからお飲みください。

 

風音ペンダントをお持ちの方であれば、薄める前にペットボトルの水に対して

ダウジングのエネルギーを入れる要領でペットボトルの上で時計回りに風音を回してエネルギーチャージする事をオススメします

 

作った波動水を一日1L2Lをで飲めばOKです、たくさん飲んでも大丈夫です。

常温水か冷水でお飲みください。(お湯にはしないでください情報が飛ぶ場合があります)

希釈した波動水の期限は1週間程度とお考え下さい。(希釈水のエネルギー状態によって異なります)お水をたくさん飲めない方は原液で1回2、3ccをお好みの回数お飲みください。


原液の水はなるべく冷蔵庫で保管してください。


内容量:300ml

波動水ーおちみず

商品説明

【波動水とは】

水に特定の情報・周波数(波動)を与えて作ります

その「水に与えた波動」を「体の波動」に反応させる目的で作っています。

 

本波動水には、「天地のオイル」・「天空のオイル」の情報、「体の中枢を整えるための周波数」、「各チャクラやエネルギーチャージする」ための周波数が何百種類も入っております。

 

波動水の感じ方は人それぞれ、それは使用者の感性に働きかけるからです。

使う人の感性に応じた反応が予想されます。

 

考え方としては水に入った情報(波動)を体に取り入れることによって

体の波動がその信号を受け取り調和に向かうイメージです。

 

そして、その情報は宇宙の始まり、生命の起源に通じます

 

寝起きがよくなったり、心が軽くなったり、元気が出てきたら反応しているサインです。人によっては波動をダイレクトに感じ取れる人もいます。


【おちみず】

おちみずとは、飲めば若返ると云われた水で、月の不死信仰に関わる霊薬のひとつ。


波動水おちみずには、生命の原点のゆらぎとなる「月隕石の周波数」も入っておりますので、女性はより女性的に、男性には優しさと誠実さを高めてくれます。

月隕石と共に入っている周波数が宇宙の発生の起源の周波数です。


ビッグバン発生時に生成された生命の起源と言われる石で、

最近では小惑星りゅうぐうより持ち帰ったとされる炭素質の隕石です。


地球の生命-アミノ酸の起源ともいわれています。

現在一番古いとされる炭素質隕石は75億年前ともいわれ

地球の年齢46億年より遥かに遡ります。


本波動水には幾種類もの炭素質隕石の波動が入っており、

その波動を人になじむ形で使えるように隠者が知恵を絞り

古文書を解読することによって実現いたしました。


波動数の比較などWADATSUMIブログに掲載しております。

Copyright ©公式サイトWADATSUMI All Rights Reserved.